大会終了から少し空いてしまいました。
先日行われた知能ロボットコンテストですが、我々のチーム「tty」は一次予選敗退となってしまいました。
競技は一発勝負で、その一発でロボットが(思うように)動かなかった故です。

どうも、搭載されてるマイコン間の通信の問題みたいです。

以下(僕の)反省点
・ハード完成が遅かった
結局、競技に必要な機能の全てがロボットに揃ったのが大会の2週間前とかでした。遅いですね。
ただそれまでにも部分的なハードはあったので、使える部分に関してはもう少し早く制御面を着工してほしかったなともおいます。(足回りは2月あたりでとりあえずできてましたし)
もう少しせっつくべきでした。

・ハードしかやらなかった
これに関してはなんとも評価しづらいですが、今大会で私は本当にハードしか触ってません。
ロボカップに出ていたときと比べるとそれぞれの役割がより専門的になってくるので、そう簡単には干渉できないだろうな...と勝手に萎縮していました。
結果、大会本番に近づくに連れて(多少ハードへの要求や変更はあったものの)ヒマにってしまいました。
もう少し積極的にソフトに関われればよかったなと思います。

・フィールドを作らなかった。
これが一番致命的な気がする...
次は作ります。

最後に、機体の写真をぺたぺた
D9Fan7oVAAAOhWg (1)
D9FapzPU8AAVu9j
D9FapB1UcAA0VQl