回路設計と言ってもまぁ、大事な部分は全てモジュール化されてるので、あとは配線をするだけです。
慣れない...というか5年ぶり2回目みたいな状態なのでガチ初心者です。

前回何使ったか忘れましたが、今回はAutodesk製のEAGLEというソフトを使ってみました。

参考にしたサイトはここ
とても分かりやすかったです。

作業風景

まずは要素を繋ぐ。いわゆる回路図
unknown
あ~大したことしてないのに既にそれっぽい...楽しい...

次に基盤の上でのレイアウトを決める
自動で配線してくれる機能もあるんですけど、どちらかというとプリント基板向けの機能なので手動でやりました。
楽しかったけど時間飛んだ
unknown (1)

青が基盤の背面を通る線で、赤がジャンパー線、という振り分けです。
一般的な2.5mmピッチのユニバーサル基板なので、これぐらいははんだ付けできるようがんばります。


XHコネクタと圧着工具を購入次第、組み立てかなぁ