どうも、ハードウエアシリーズです。

今回は、「アーム編」。
被災者を運びます。

写真(写真貼るのは久しぶりです…)
 R1033811

モーターはパワーファンクションの小さいヤツです。
このモーターは非常に性能がよく、その…モータの性能をどう表現すればいいのか解らないのですが、回転スピード・パワーともにRCXの標準モータに勝っています。

特徴は、プーリーがついている事ぐらいでしょうか?
壁との摩擦減少が主な目的です。

あとは、被災者をバンパーで押すように見えますが、実は違って、光センサーの前にアームの一部があり、そこで押しています。 
目的?
それには深い理由がありまして、順を追って説明しましょう

①2011年のジャパンオープンで、床の摩擦が非常に大きく、高い位置から被災者を押すと倒れてしまった。
②その反省をふまえて、出来るだけ低い位置で押そうと思った。
③どうせ被災者は減速バンプを越えられないので地面すれすれで押そうと思った。
④今の状態になり、今年のジャパンオープンはやはり摩擦が大きかった。 

書いてみると…思ったより浅い理由でした。
因に、バンパーも全く同じ動機で低めの位置についています。(それ故光センサーが上がりません)

そんな感じで、地味に去年の反省を元に作られているアームでした。