Amalgam Blog

カテゴリ:Robocup > Robocup 2012 メキシコ世界大会

世界大会で、友達になったイギリスのチームがいます。

そこのブログです。
http://blog.livedoor.jp/ccfrobotics/

はい
日本人です。(でもハーフとか)
とにかく、日本語を良くしゃべります。
英語もしゃべれます
いいなぁ

で、このチームはスーパーチームでNEUTRINOと組んでいます。
日本語しゃべれますが、イギリスチームなので問題ないとの事。

それじゃ意味ないなぁなんて思いつつ

とにかく、ブログの紹介でした。

:追記:
ハーフでもなく、スーパーチームにも出ていない事が判明しました。
すいませんでした。

    Share on Tumblr

コチラがシニア(メジャー)のレスキューの会場・フィールドです。
シニアレスキュー1シニアレスキュー2

さすが!スケールが違いますね。
車までフィールドの一部として使われてますし...さすがです。
この広いフィールドを見渡せるように、観客が見る場所として、工事用の足場が組み立てられていました。
あれは、何mあったかなぁ...?相当高かったことしか覚えていないです。

フィールドを見に行ったまでは良かったのですが、肝心の競技は全く見られませんでした。
なぜなら、自分たちの競技とほぼ同じ時間帯にやっているから!!
見られないのも無理はないか...
    Share on Tumblr

大会2日目からは、公共交通機関(メトロブス)で会場まで行く事に。
メトロブス 〜車両〜メトロブス駅 〜外〜
駅名の左に書いてある記号は、駅ごとに異なり、駅名が分からなくてもどこで降りるか分かる様になっているそうです。でも...正直分からないんですけど...
メトロブス駅 〜駅名〜メトロブス駅 〜ホーム〜

ホームは、空いていますね。
帰りは凄かったですけど...
押されて、押し返して。ドアを無理矢理あけてもらって滑り込むという、荒技で乗り込みました。
(だって、そうでもしないと一生乗れないんだもん)
しかも、ドアの迫力が凄い!!日本とは比べ物になりません。
ブザーが鳴ったら『バーーーン』と閉まるのですからキョウフの塊でしかありませんでした。

そして乗ってからも、荒技を発見!!
なんと、ホームについて、開こうとするドアを押さえて開かないようにしているメキシコ人が居るではありませんか!超満員の車内で、やりたくなる気持ちは分かりますよ。でも、日本人には絶対真似できないなぁ...

続きを読む
    Share on Tumblr

調整日の昼食は、会場の近くにある、ショッピングモール(?)のフードコートに食べにいくことに。
ショッピングモールまでは着いたのですが、フードコートの場所が分からない!
そんなに、広いところではないのですが...
結局、約10分間探しまわりました。

そして、ハンバーガーショップとは...コチラ
Carl's Jr. [Mexico City]

Carl's Jr.ですね。星のマークが印象的です。
日本では、あまり見かけませんがアメリカでは、割とポピュラーのようです。

机の上に乗ったハンバーガー達

テーブルの上がキタナイですね。どうにかしたい...

食べ終わった後、上の写真に写っているケチャップを、全て回収して持ち帰る事に。
1セットにつき、4・5個ケチャップが入っていたもんだから、凄い量です。
それが何に使われたかというと...もちろん、ケチャップ戦争!!
寝る際、電気を消して暗くした後、枕の代わりに投げるんです!!!!
もちろん、枕戦争もしましたけど... 
今考えると、袋が破れなくてよかった〜〜と考えてしまいます。
(ケチャップの、一部が行方不明になった事は、内緒です)
    Share on Tumblr

このページのトップヘ